自己流禁煙に対する間違った見解について書いてみました。

禁煙補助薬のチャンピックスで第二の人生!

間違った禁煙方法

灰皿にタバコを押し付ける

禁煙の導入として減煙、節煙という行為があります。大体の場合は吸う本数を減らすかタールを下げて1mgを吸うことを指しますが、この行動がかえって依存度を高めてしまうといわれています。

何故なら、煙草の依存は物質的な依存というよりは精神的な依存の方が大きいからなのです。確かに喫煙によってニコチンが脳のニコチン受容体と作用し、ドーパミンを分泌させるので「気持ち良い」「多幸感」「美味しい」を感じるようになっています。この感覚こそが我々人間の身体に深く染みつくのでどんどん依存することになるのです。

本数やタールを減らすことによって煙草をますます味わって吸うようになり、節煙以前より美味しさを感じるようになったり、1mgのもので満足しようと深く吸い込んだりするので逆効果であるということです。また、本数を減らしてもタールの高い煙草に移行したり、1㎎を自分の満足する血中濃度になるまで吸ったりして本数が逆に増えたりすることもケースとしてあり得ます。

あじさい

大切なのはニコチンがどのように身体に作用しているのか、喫煙をやめるにあたって生活を変える決心があるのかというところです。意思も大切だとは思いますが、意志によって行動が反映されるのであって、実は意志のみでは禁煙はかなり難しいです。

また、ニコチンガムやパッチなどで徐々にニコチンの使用量を減らすという治療もありますが、ガムに依存して顎関節症になるなど本末転倒であると言えます。さらにせっかく禁煙していても一本だけ、一日解禁や周囲の人によって喫煙を助長される場合もあります。よって周囲の協力は必要不可欠です。

このように間違った禁煙方法をするくらいならいっそのこと禁煙補助薬のチャンピックスを試しに使ってみるのも一つの手です。チャンピックスの効果や副作用に関しては別途説明してありますので、しっかり読んで正しい知識と共に禁煙に励んでみましょう。

上記の間違った禁煙方法を試していた方も禁煙しようとした意志だけは褒めてあげてください。

チャンピックス