喫煙は体に悪いと聞きますが、どの程度の影響があるのでしょうか?

禁煙補助薬のチャンピックスで第二の人生!

喫煙のリスク

タバコを吸う女性

タバコを止めるには吸う事に対してどれだけのリスクが伴い、自信の健康を害しているかを知る必要があります。まず喫煙とは排出される煙によって自分だけでなく、周囲の人、あるいは家族の健康も害しています。

というのも、煙の中には多くの化学物質が含まれており、およそ4000種類以上の化学物質が含まれていると言われています。また、その中には発がん性の物質もあり、60種類ほどの発がん性物質が含まれていると言われています。これは咽頭がんや肺がんのリスクを非常に高めてしまっています。

禁煙を長く続けるメリットとして、がんのリスクを大幅に下げる事ができます。喫煙者本人以外も煙を吸い込んでしまっており、これを受動喫煙といいます。周囲の方への害も考えると、煙のそばにいて、まず現われる症状が、ノドに痛みを感じたり、目にしみるなどの症状が現われます。

さらに、家族など長期的に一緒にいる方には呼吸機能の低下や発がんのリスクが高まり、生活習慣病のリスクもあります。妊婦にも影響があり、生まれてくる子供にも同様のリスクを伴います。喫煙者以外にもこれだけの危険性があり、喫煙を続けることにメリットは一切ありません。

ベビーカー

周囲や家族のに対する迷惑を考えてもタバコを止めるべきです。ですが、禁煙することはそう簡単な事ではありません。というのも、喫煙歴が長ければ長いほど、身体はニコチン漬けになっており、タバコを吸う事を突然止めてしまうと禁断症状(離脱症状)が現われてしまいます。

これはタバコを美味しいと脳が勘違いをしていて、喫煙することで脳から快楽を感じるドーパミンが分泌されている影響と考えられています。無理なくタバコを止めるには補助薬などを使うことで禁断症状の辛さが緩和され、タバコを止める事が簡単になります。従来まではパッチやニコレットといったガムなどがありましたが、最近ではチャンピックスという内服薬が登場しており、脳のニコチン受容体に作用することで、喫煙欲を抑え、辛い症状などを緩和してくれます。

新しい選択肢の1つとなっているので、タバコを止めたいと考えている方にはお勧めです。

チャンピックス