ヘビースモーカーへの道のりとは?知らず知らずの習慣化です。

禁煙補助薬のチャンピックスで第二の人生!

何故ヘビースモーカーになるのか

タバコの看板

ヘビースモーカー、もしくはチェーンスモーカーと呼ばれるのはどの程度吸ってからなのでしょうか?

一般的には1日2箱くらい喫煙している場合はヘビーと呼ばれるようで、後者の場合はとめどなく次から次へと煙草を吸うところから来ているそうです。

ヘビーなスモーカーになるには煙草を買う余裕が必要不可欠の為、いわゆる愛煙家と呼ばれるような方々は前述の理由から社会人の方がやはり多いと思います。もしくは、金欠でもご飯を我慢して煙草を買っている方もいらっしゃるかもしれませんね。
また、意識的に吸っているというわけではなく、もはや喫煙が習慣化している場合が殆どでヘビースモーカーの方と食事に出かければ、やれ喫煙所探しやら喫煙が可能なレストラン、旅行に一緒に行くならば喫煙が可能な部屋を取ることになると思いますので、煙草を吸わない方にはつらいところです。

通常の場合、喫煙者がタバコを吸いたくなるタイミング

タバコに火をつける男性

・朝起きた時
・コーヒーブレイク
・仕事の合間
・お酒の席
・イライラしている時
・集中したい時
・喫煙間隔が空いた時

この他にも職場で息抜きをしたい時に喫煙所に行くという名目で小休止を取るという方もいますね。この理由で喫煙を始めた人はタールも少なく、喫煙回数も少ないように思われます。

上記のような理由で煙草を吸い、喫煙の間隔が狭まってくると鎖のように吸い始めるスモーカーと化すのでしょうか。また、ストレスの多い職場であると喫煙者率も上がるため、つられて本数が増えるようです。

最近では煙草の値上がりや健康上の理由を考えて本数を減らす方もいますが、愛煙家にとっては煙草がもっと値上がりして1000円くらいになるまでは、まだまだダメージがないように思えます。また、愛煙家の方が独身ならまだしもパートナーや子供がいる場合は喫煙者だけの問題ではありません。あくまで喫煙は自分自身のことですが、今一度喫煙について向き合ってみてはどうでしょうか。

ここまで読んで喫煙されたい方は喫煙のリスク禁煙のメリットについても宜しければ読んでみてください。

そして昨今の喫煙者に対する世間の冷たさについて書いてみました。