チャンピックスを通販購入でラクラク禁煙。

禁煙補助薬のチャンピックスで第二の人生!

ネット購入におけるメリット

箱

チャンピックスは医療機関での処方も可能ですが、このサイトは通販を推奨しています。それではまず、保険診療と通販購入におけるコストの計算をしてみます。

チャンピックスは通常8~12週間の服用が必要です。
保険診療の場合は大体3か月で2万円程度ですので1日1箱460円を3か月の場合と比べて半額程度です。通販ですと購入方法にもよりますが3か月で4万円程度になってしまいます。ちなみに病院処方で禁煙治療を自費で行う場合は6万円ほどかかるそうです。

保険診療の方が安いじゃん!と数字だけ見るとそうなのですが、保険診療のためには少々ハードルが高めに設定されています。

保険診療で禁煙するには?

  • ニコチン依存症テストが指定の点数以上
  • ブリンクマン指数と呼ばれるものが200以上
  • 一か月以内に禁煙をする意思がある
  • 書面にて禁煙の同意済み

ニコチン依存症テストの内容としては、朝起きてから何分以内に煙草を吸うか、煙草をやめたときの症状や対応、煙草に対する認識に関してがオーソドックスです。また、ブリンクマン指数というのは1日の本数×喫煙年数で35歳以下の方の場合は気にしなくても大丈夫です。

お金と聴診器

保険診療が適用されたとしても月に一回は薬を貰いに行かなければならないのと、服用期間中に喫煙してしまった人の一部は二か月目以降の薬を貰いに来ないようです。保険診療で一度禁煙に失敗してもう一度、禁煙外来などで禁煙したい場合や3か月後に引き続き服用を考える場合は初診日から1年以上経っていないと保険が適用されませんし、後者の場合も同様に三か月までしか保険が適用されないので自費負担となります。

そう考えると通販で禁煙にトライする方が自分の意志固く、診察室でわざわざカウンセリングを受けたり、薬を貰いに行ったりする手間も省けるのではないでしょうか。

もし、病院での治療のメリットを考えるならば、国の医療機関で治療を受けるという『安心感』といったところですかね。通販が苦手、信用できないという方は病院治療をご選択ください。また、初回のみ病院での診察を受けて続きは通販で購入するという手もありますのでご自分の都合のいいようにご利用ください。

チャンピックス