チャンピックスにも副作用はあります。

禁煙補助薬のチャンピックスで第二の人生!

チャンピックスの副作用

さて、禁煙したい方には魅力的なチャンピックスの気になる副作用について詳しく解説しようと思います。良薬は口に苦しならぬ、副作用なしの薬ほど怪しいものはない!というところです。チャンピックスも例外なく副作用がありますので合わない方や下記に当てはまる方は服用前に医療機関でのご相談をお勧めいたします。

使用する前のチェック

指を立てる男性
  • 薬の服用に際してアレルギー反応が出た経験がある
  • 妊娠中または授乳中である
  • 腎臓疾患がある
  • 精神疾患がある
  • 未成年
  • 現在、服用中の薬がある

チャンピックスの製造元が公表している副作用

あくびをする猫
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 睡眠障害(不眠、中途覚醒、夢)
  • 便秘
  • 頭痛
  • めまい
  • 精神病症状(うつ)
花瓶の花

何故、多岐に渡る症状が報告されているのかというとチャンピックスは他の禁煙補助アイテムとは異なり、ニコチンを使用していません。効果の一覧にもある通り、脳のニコチン受容体に作用し煙草が吸いたいという気持ちを抑えさせたり、誘惑に負けて吸ってしまったとしてもおいしくないように感じる仕組みになっています。

この作用の仕方は第四世代と呼ばれる精神薬SSRIと構造が似通っているため、脳に直接働きかけを行うことによって極めてSSRIと酷似した副作用が起きているという見解です。

重ねてチャンピックス服用期間中の車の運転はしないようにといわれています。これは薬の服用によって引き起こされる意識障害によるもので、使用者の命だけでなく周りへの危険性も考えた上ですので、絶対に運転しないでください。

チャンピックスには高い効果が見られる分、制約や副作用もご覧の通りです。しかし、本当に禁煙したいという気持ちがあれば少しの我慢は仕方がないのです。車の運転に関しては車通勤の方には厳しいと思いますが、周りの方の理解を得られるように頑張ってみてください。

そして、万が一、副作用やそれに準ずる異変を感じ取った場合はすぐに服用を止めて、然るべき場所での相談、適切な対応をしてくださいね。

チャンピックス